パイクリスタルは、東京大学と共同で、高性能有機半導体を用いたセンサーの開発を行なっております。

この度、東京大学大学院新領域創成科学研究科(所在地:千葉県柏市)、同マテリアルイノベーション研究センター、パイクリスタル株式会社(注1)(本社:千葉県柏市)、三井不動産株式会社(本社:東京都中央区)、株式会社日立物流(本社:東京都中央区)の共同研究グループは、長期安定な有機半導体温度/振動センサを開発し、低消費電力回路と組み合わせた長寿命リユース型物流トレース電子タグの実証実験に成功しました。

同成果に関するプレスリリースは、以下のリンクをご参照ください。

有機半導体温度/振動センサを用いた長寿命リユース型無線物流トレースフィルムの開発
~温度、衝撃が感知可能な新しいセンシング技術による安全・安心な物流システムの構築へ~
有機半導体温度/振動センサを用いた長寿命リユース型無線物流トレースフィルムの開発